Mon.

スキルエフェクト変更(簡略版)  

以前予告してたとおり、エフェクト変更の仕方です。
SS等がないのでここでは言葉で伝えれるだけ伝えます。
詳しくはまた後日ってことで。

とりあえず、HaRepacker用意しましょう。
ヴァージョンはなんでもおk


使いやすいのでおkです。



今回は適当に、HEROスキルのブランディッシュを例にあげてやりますね。

1.Skill.wzをHaRepackerで開く(GMS)
2.112.img→画像つきでDump
3.Dumpしたものをメモ帳で開く
4.ブランディッシュのIDを検索
5.effectを検索
6.ってのがあったら、そのすぐ下のまでを削除
ブランディッシュの場合、wzを見ればわかるけど片手剣の場合と両手剣の場合でエフェクトが違う
だから、片手剣9エフェクト、両手剣9エフェクト、計18エフェクト分全部コピーする必要がある
7.上のメモ帳を一時放置
8.1~5をJMSのwzで行う(JMSではブレイズスラッシュになってるのでIDは違うかも。でもやること同じ)
9.6の削除、というところをコピーにする
10.GMSの112.imgのさきほど削除した部分に、JMSのコピーしたものを貼り付け、上書き保存
11.GMSに、上書き保存した112.imgをImport
エラーでなかったらそのまま保存で、112.imgをリパックにいれて起動しよう!


これで完了。
全部のスキルで、これと同じことが可能です。
というか、説明が下手すぎて申し訳ないです。
わからないことがあったらコメント残しておいてください。
スポンサーサイト

2011/08/29 16:09 [edit]

category: 開発

tb: 0   cm: 0

Fri.

武器の能力の変更の仕方  

簡単なので適当にのっけます。
期待はしないでください。

用意するものはHaRepackerのみです。



①まずはcharacter.wzを開きます
100924_225629.png

②Weaponの中の改造したいID.imgを開きます
100924_225640.png

③その中のinfoを開きます
100924_225644.png

④infoの中の項目の「incPAD」を選択
これは「物理攻撃力」です
100924_225651.png

⑤「incPAD」を選択した状態でCtrl+Mを押すと下の窓がでます
100924_225656.png

⑥ここの真ん中の項目の「17」が現在の攻撃力なのでこれを変更
好きな能力にしてから「Submit」
100924_225705.png

⑦ここからは新しい能力の追加方法
infoを選択した状態で「Property」を押し「Add Property」を選択
100924_225726.png

⑧内容を下のように書き込みSubmit
これで「STR999」が追加される
100924_225743.png

incDEX、incLUK、incINTでそれぞれ能力追加できる。

UGを変更したい場合は⑤⑥の作業を「tuc」の部分で行えばできる。


基本、能力の変更はCtrl+Mで窓を開いてから行わなければならない。




以上の作業が終わったら改造したID.imgをDumpしてリパックにいれる。
そしてwzをセーブして完了となる。

追加、改造した能力がカンスト(214・・・)を超えた場合はバグが発生する、またはセーブができない。


以上です。
わかりにくい説明ごめんなさい。

2010/09/24 23:17 [edit]

category: 開発

tb: 0   cm: 3
要望があったのでがんばって書きます。
自分は説明がとても下手なのでわかりにくいこともあると思いますが、
なんとか理解してくださいね^^;



まずは準備物
・HaCreator
・HaRepacker
これだけです。
どちらも探せばすぐDLできると思います。


では手順行きますね。

1.起動
100816_012114.jpg
HaCreatorを起動するとこんな画面がでてきます。
Dimensionsで、上下左右の幅を決めることができます。
今回はサンプルなので800、800のままでいきます。
Intializeを押せば起動します。


2.足場
100816_012139.png
こんな画面がでてきます。
真ん中のでかい枠の中にマップを作っていくってわけですね。

100816_012147.png
まずは画面右上の「Layer」をクリックします。
そこで3を選んでおきます。

100816_012255.png
上の選択の中に「TILE」ってのがあるのでそれで好きな足場を選んで、きれいに並べていきます。
すべて並べ終わったら「FOOT HOLD」を押しますね。
すると、足場の上に赤い点がいっぱいでてくるので、その一番左端と右端をつなげます。
結果↑のようになります。

100816_012316.png
足場ができたら右上にある「VR」を見てください。
そこに上下左右の矢印がありますよね?
とりま←のクリックして、足場の一番左端に合わせてクリックしましょう。
すると青い線がでてきます。
それを上下左右すべてに行いますと↑のようになります。
これは、見えない壁のようなもので、これがないとキャラが果てしなく下に落っこちていきます。

100816_012506.png
同じように足場をもう1個作ってみましょう。
FOOT HOLDをお忘れなく。

100816_012521.png
次にはしごでも繋げてみましょうか。
右上の「Layer」を4に変更。
上の選択の中の「OBJECT」を選択し、中からはしごを探します。

100816_012534.png
こんな感じになりますねはい。
でもこのまmではまだはしごは上れません。
ちゃんと繋げないといけないんですね。
上にはしごとロープの画像がある選択があると思いますが、それをクリックします。
そしてはしごの上下をよく見ると緑の点がありますよね?
それを繋げればおkです。

100816_012634.png
次にポータルの設定をします。
spawnpointっていうのが必要になります。
これはキャラが一番最初にそのマップに入ったときにでる場所で、それがないとマップに入れません。
上の選択の「Portal」をクリックしますと↑のような窓がでます。
それをこれと同じようにしてポータルを製作してください。

100816_012825.png
最後に、もっとも重要なセーブを行います。
右上にSAVEえいうボタンがあるのでそれをクリックすると新しい窓がでてきます。
それをこんな風に設定しましょう。
ここからは少し詳しい説明をします。

まずは左の上から2段目、Save As のところをチェック。
xmlのほうにチェックを入れてから、その上のPathをクリックします。
そこで、ID.imgの形式で保存します。
左の3段目のIDはそのままIDを記入。
その下はBGM。
さらにその下はマップのマークですね。
そしてその下のReturn to ですが、死んだときに戻るマップだと思ってください。
マップIDを入力しましょう。
その下はそのままでおk。
右側は背景ですので好きなのを選びましょう。

最後にSAVEを押して終了になります。
押したあとにでてくる窓は「OK」や「はい」を押して完了です。




その後、HaRepckerでMap.wzに今のマップをInportして完了です。
実際にテストしてみましょう。














以上で説明はおわりです。
画像も足りなくて、わかりにくい説明でしたね(
動画でも取れればいいんですけどw
いずれまたわかりやすいのをうpでもしようとおもいます。
今日はこのへんでw
ノシ

2010/08/16 02:08 [edit]

category: 開発

tb: 0   cm: 8

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top